暮らしの基本を支えているから、社会を内側から変えていける

北陸事業部 事業部長 飯島 輝(2010年入社) 2010年4月に入社。無印良品そごう横浜、無印良品上大岡京急を経て、2014年2月に無印良品つかしんで店長に就任、以降2店舗で店長として勤務。2019年6月より西日本3エリアのブロックマネージャー、2020年2月より流通推進部国内物流運営担当鳩山センターの勤務を経験し、2021年9月より営業本部 北陸事業部 事業部長に就任。

求められているのは「もの」だけでなく「こと」軸の取り組み

 北陸事業部の事業部長としての仕事は、大きく分けると二つあります。一つは富山・石川・福井の3県における出店開発で、地域視察やディベロッパーの方々との商談を行いながら、出店場所の狙いを定めていくことです。もう一つは、各県の方々と良品計画が一緒になって地域の課題に取り組むうえでの地域連携です。取り組みの内容が、商品といった「もの」主体なら生産者さんや地域企業の方々、社会や暮らしに関する「こと」主体なら自治体やNPO団体の方々といったように、さまざまな方々と直接お会いし、地域が抱えている課題について話を伺いながら、地域活性のために一緒に何ができるかを話し合っています。
 売場に立っていた頃は「店舗に来ていただく方がお客様」という印象だったのですが、地域事業に取り組むようになり「地域住民の皆さんがお客様」へと変わりました。無印良品には衣食住の全てを支える商品が揃っているからこそ、地域の暮らしに溶け込みやすいし、暮らしにおける多様なご要望や困りごとの声も集まりやすい。これまでも会社として地域連携を行なってきましたが、どちらかというと「もの」を軸に進んできた側面が多かったと思います。「もの」だけでなく「こと」も軸にした取り組みこそ、これからの良品計画が行うべきことであり、地域住民の皆さんからも求められていることではないかと考えています。

日々の暮らしを支える流通から得た知見

 2019年にブロックマネージャーに就任して管轄したのは、東広島市から下関市までの西日本地域に位置する9店舗でした。管轄店舗の一つである山口県の無印良品 おのだサンパークを初めて訪れたとき、とても驚いたのを覚えています。公共機関を使って店舗へ行く場合、最寄り駅から20分ほどバスに乗るのですが、このバスが2時間に1本くらいしか運行していなかったのです。それまで都市部の店舗に勤務し、交通環境における不便さを感じたことがなかったので、「こういう場所にも無印良品はあり、地域のお客様の役に立たないといけないのだ」と襟を正されました。また、管轄する地域の自治体や住民の方々とお話しする機会も度々あり、地域連携を行うにしても決して一方向ではなく、それぞれの地域状況にあわせてアプローチを変える必要性を実感しました。
 その頃、社内で流通推進部の公募が行われました。説明会に参加するまで、お客様や店舗に商品を届けることが流通だと思っていたのですが、そこにお客様のご相談に乗るサービスなどの付加価値をつけていけることに興味を持ち、2020年に流通推進部へと異動しました。当時の上長に「小売業は商流と物流の両方を把握する必要がある」とよく言われていたのですが、物流センターに商品が届くまでの間に行われる貿易から、センターから届けた商品が在庫として管理され、会計として処理されるまでの一連の取引の流れについて学び、いかに自分が流通の一部分しか見ていなかったかを気付かされました。それ以降、社内会議の中で上がる流通や在庫に関する議題について、よりクリアに理解できるようになり、わずか半年間の配属ながらも得るものが非常に多かったと感じています。

「社会と暮らしの役に立つ」を証明するために

 第二創業を迎えた良品計画が、小売業としての本業と地域連携の二軸で進む中、そこに自分はどう関わりたいかと考えたとき、自分の出身地である福井をはじめとする北陸地域の役に立つことがしたいと思いました。北陸は幸福度が高い地域だとよくいわれるのですが、それは持ち家率や人口の増減率といったデータから算出された幸福度に過ぎず、住民や出身者の方々が実際に抱いている感覚と大きな差があります。この差を埋め、北陸を名実ともに幸福度の高い地域にしていくことが、北陸事業部で実現したいビジョンです。
 これまで店長、ブロックマネージャー、流通推進部社員と複数の立場で組織に所属してきましたが、どこにいても小売業として行き着くところは、やっぱり「お客様満足」でした。お客様が受け取った無印良品の商品やサービスが、いかに生活や暮らしの役に立ち、いかにお客様に満足感を持っていただけるかを追求するのが、良品計画としての使命だと改めて感じています。
 また、これから入社する人にとって、良品計画には自分がやりたいことを実現できる環境がすごく整っていると思います。そのなかで大事になるのが、会社から与えられた指示や、会社の方向性だけで働くのではなく、自分の五感で感じたことを、自分の言葉で発信しながら行動することです。自分のやりたいことに素直に、しっかりとした意志を持って行動できる方と一緒に働けることを楽しみにしています。

自分を商品に例えたら

アルミ洗濯用ハンガー

かけた洋服の肩の部分が出っ張らないように工夫がされていて、洗濯用なのにワードローブにかけてもさまになる。地域事業部の役割は、このハンガーのように出しゃばりすぎず、中から地域をサポートすることだと思います。どこにいてもフィットして、どこにでも置いておける。そんな存在に、良品計画も自分もなりたいです。

※組織名称は2021年9月1日のもので掲載しています。