若い世代と共に作りたい、無印良品の「次」のかたち

執行役員 経営企画部 部長(兼)経理財務部 管掌 堀口 健太(2006年入社) 2006年4月に入社。無印良品 マイカル桑名にて勤務後、2007年に無印良品 岐阜髙島屋の店長に就任。2010年からは現在の中国大陸事業や欧州事業イタリア担当にて活躍。2019年より営業本部店舗サポート部 部長、2020年より企画室付室長を歴任し、2021年9月より執行役員として経営企画部にて勤務。

営業部門で得た知見と数値を武器に

 2006年に入社してから2020年9月に企画室に配属されるまで、営業部門に長く携わっていました。それまでのキャリアの中で国内外の現場を知り、事業の全体像をある程度把握できたことは、現在の経営企画部での業務を行う上で役立っていると思います。営業視点と全社視点をバランスよく持てている点は、管理部門の経験しかないメンバーよりも有利だと思います。
 また、数値という根拠をもって戦略や経営計画を説明する立場としては、物事の本質を把握しながら正しい数値分析を行うことを心がけています。数値だけで判断したときに非効率的だからと会社の根本に関わる取り組みを外してしまうようなことは、決してあってはならないことですし、議論を展開するにしても、なぜその数値が必要なのかを理解した上で指摘をしないと、相手の受け取り方が全く違う。まだまだ知識も経験も足りていませんし、経営計画を実現する上であらゆることに責任を感じていますが、とにかく素直に真っすぐ取り組んでいこうと考えています。持ち前の前向きさで、組織全体を引っ張っていきたいです。

必要なのは本質にたどりつく努力

 業務を行う中で、物事の本質を正しく理解しながら進めるように心がけていますが、その為に、多角的に物事を考えられるように気を付けています。これは中国赴任中に日中関係が緊迫したときに感じたことですが、例えば対立する問題があったときは、両方の言い分をまず理解してから、自分の意見をしっかりと持つことが大切だと思います。それが必ずしも本質とは言い切れませんが、物事を正しく把握する為に必要と考えています。
 僕の目標は、良品計画を真のグローバル企業にする事です。日本を含む32の国で店舗が展開され、海外店舗での売上高も全体の3割を超えているから、もう十分グローバル企業だと思っている人もいるかもしれませんが、僕としてはまだ足りていない感覚です。今後、運営の面で改善していくべき点はありますが、無印良品には大きな可能性があると思っています。

無印良品の「根幹」と「未来」

 働く場としての良品計画の魅力を考えたとき、多かれ少なかれ「無印良品の理念を実現する」という根幹が、あらゆるメンバーの間で共有されているところだと思います。では、その理念の根本にあたるものが何かと考えたとき、やはりセゾングループを育てた堤清二さんが提唱されていた理想にあるのではないかと考える様になりました。30年~40年経って、その思想が今の時代に合ってきていると思います。ですから良品計画自体も「第二創業」として原点を見直す事が必要だと考えています。
 また個人的に感じている事は、世代間で無印良品に対するイメージの差が大きくなっていることです。1980年代に無印良品が誕生したときの衝撃を覚えている方と、街のあちこちに店舗があるのを当然だと考えている20代の方では、ブランドに対して抱いている感覚が全く違うと思います。もし会長の金井さんの世代が原点で、40代後半から50代のメンバーが影響を色濃く受けた世代だとしたら、上の世代から影響は受けたもののオリジナリティがない僕らの世代が一番ぱっとしていないかもしれません。そういう意味で、若い世代の方が、新しい視点で無印良品を考えられるのではないかと漠然と感じていますし、とても強いものが出てくるのではないでしょうか。企業理念など失ってはいけないものはもちろんありますが、これから入社する世代にはそのままの感性を生かして、次の無印良品をつくっていってもらいたいです。

自分を商品に例えたら

肩の負担を軽くする リュックサック

ビジネスマン向けにつくられた機能性のついたリュックは便利ですが、どこに何を入れるか考えなければいけなかったりもします。このリュックは余計なことを考えずにポンとものを入れられて使いやすく、背負い心地も良いので「これでいい」となる。この上なくシンプルだけど秀逸。それが何事も一番です。

※組織名称は2021年9月1日のもので掲載しています。