採用メッセージ

採用メッセージ イメージ 採用メッセージ イメージ

「感じ良いくらし」の実現 良品計画は「商い」で社会に貢献します 「感じ良いくらし」の実現 良品計画は「商い」で社会に貢献します

無印良品は、「わけあって、安い」をキャッチフレーズとし、安くて良い品として1980年、西友の自社開発の経験を基に生まれました。商品開発の基本は、生活の基本となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくること。
そのために、素材を見直し、生産工程の手間を省き、包装を簡略にしたことから、シンプルで美しい商品として長く人々から愛されています。

無印良品誕生以来、私たちはその想いを更に発展させ、生活者や生産者に配慮した商品・サービスを無印良品として具体化することで、世界の人々に「感じ良いくらし」を提案しています。良品計画は「商い」を通すことで、人々が喜び、美を伝播し、そして社会に貢献することができると考えています。

無印良品は、商品やサービスを通して、人と人、人と社会、人と自然をつなぐプラットフォームでありたいと考えています。店舗でお客様に商品を販売する小売業としての役割を担うだけではなく、駅や空港の公共空間のデザインに携わったり、店舗を拠点に店長が主体となって、周辺地域の課題解決を目指す取り組みも行ってきました。
しかし、私たちの真価が問われるのはこれからです。「感じ良いくらし」を提案する企業として将来の社会のあるべき姿を見据え、お客様や社会の役に立つために何ができるかを自ら考え、行動し続けることが最も大切なことだと考えます。

是非一緒に、「商いを通じて、今そして未来に何ができるのか」をともに考え、実現させていきましょう。