探し求めた“理想の姿” その答えは、自分のなかにありました 探し求めた“理想の姿” その答えは、自分のなかにありました

販売部 都心エリア 5ブロック ブロック店長
無印良品 ルミネ新宿 店長 井上 珠美(2006年入社) 2006年4月に入社。無印良品 ルミネ新宿、無印良品 池袋西武を経て、2008年9月、無印良品 にしおおみやファッションモールにて店長に就任。以降、関東圏内の店舗で店長、ブロック店長を歴任し、2018年7月に無印良品 ルミネ新宿に異動。ブロック店長も兼任し、近隣店舗の運営サポートも行う。
井上 珠美

それぞれが活躍できる店づくり

 私は現在、無印良品 ルミネ新宿の店長として、店舗運営やスタッフの人材育成を行っています。また、複数店舗を統括するブロック店長として、2週間に1回ほど担当店舗を訪れては各店の店長の相談に乗ったり、課題解決のアドバイスをしたりしています。
 これまで店長として7店舗経験してきましたが、大切にしているのはスタッフのみんなが活躍できるような店舗づくりです。無印良品で働くスタッフは、年齢やバックグラウンドもさまざまで、もちろん個性や得意分野もばらばら。特に、現在勤務している店舗のような100名ほどのスタッフが在籍する大型店の店長を任されるようになってからは、それぞれの個性を活かすことがさらに重要になったと感じています。店長である自分は、できるだけサポートに徹する役割。何かトラブルがあった時には、「店長がいてくれて、本当に助かった」と思ってもらえるよう、普段は後ろからスタッフみんなを見守るよう心がけています。

社員紹介 イメージ
社員紹介 イメージ
井上 珠美

理想の店長は、自分でしかつくれない

 今でこそ店長を任せてもらえるようになりましたが、もともと私は理学部出身で、経済や経営を学んでいたわけではなく、販売の仕事も未経験。そのため、はじめの頃は店舗業務をするうえで必要以上に負い目を感じていました。実際、同期のなかで私だけ店長になるのが遅かったんです。それで思い悩んでいたとき、勇気を出して「私は店長に向いていないのでしょうか?」と当時の上司に聞いてみました。すると返ってきたのは、「可能性は誰にもわからないものだと思うよ」という言葉。その言葉を聞いて、「人に聞くのではなく自分で考えて動かなきゃ道は拓けないんだ」とハッとしました。一見、そっけない返事に聞こえるかもしれませんが、ある意味で誠実な答えだったと思います。そこからは自分なりの店長のあり方を考えて努力を続けました。
 店長になった数年後に、新店の立ち上げを任される機会があり、当時は「自分が周りを引っ張っていかなきゃ」という気負いもありました。そんなある日、震災の影響で物流がストップし、商品の到着が遅れてしまうという事態に。このままではオープンに間に合わないのでは、と困っていたところ、当時の上司が、商品をキャリーバッグに目一杯詰めて、電車で何往復もして商品を運んできてくれたんです。その姿を見て、立場が上になったからといって指示を出すばかりではなく、一緒に体を動かすことの大切さ、言い換えれば、言葉ではなく行動で見せることの力を思い知らされました。見守ることと、一緒の目線で動くこと、どちらも必要なことなんだと思います。

社員紹介 イメージ
社員紹介 イメージ

見て、聞いて、考えてきたことのすべてが武器に

 ブロック店長になった現在では、また違った視点から店長の役割をとらえられるようになりました。十人十色の店長を見ていて感じるのは、最初は他者のやり方を真似しながら、自分のオリジナルの道を見つけた方が良いということ。それぞれの店舗の店長は、それぞれに異なる個性と魅力があります。その個性がほかのスタッフたちと化学反応を起こすことで、集団としての力が生まれるのだと思っています。表面的なテクニックは真似ることができても、自分自身のベースにあるものは変えられません。自分の個性を理解し、そこに周りの意見を融合して自分なりのかたちをつくることが、最終的に店長として求められるものなのではないでしょうか。私自身をふりかえっても、入社時は引け目に感じた理学部出身という経歴が、いまではマネジメントをするうえでのロジカルな考え方に役立っている気がします。
 こんな風に思えるのは、良品計画がそれぞれの個性や経験を活かせる環境であることの表れだと思います。販売という仕事に直結した知識や経験がなくても、それまで生きてきて、見て、聞いて、考えてきたことのすべてをここでは武器にできるはずです。「無印良品で働きたい!」という意欲がある個性豊かな仲間たちに出会えることを楽しみにしています。

井上 珠美
自分を商品に例えたら

さらさら描けるゲルボールペンノック式用リフィル

その名の通りとても書きやすくて、入社してから100本以上は使ってきた愛用品です。リフィルは、普段は引き出しに陳列されていてそれほど目立たないのですが、実用的な商品。私も、表からは見えない業務が多いのですが、芯のところで店舗運営や周りのスタッフの役に立てればいいなと思い、この商品を選びました。

※組織名称・掲載内容は取材当時のものです